スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    歯医者デビュー!

    ちょっと前から、息子の下の前歯の裏側に付いた歯石が気になっていたのだけれど。
    突発性発疹型の胃腸炎だとか、鼻風邪で耳鼻科に行ったりだとかで、先延ばしにしていた。
    ・・・まぁ、歯医者に電話するのもイヤだったんだけどね。
    そんなとき、2歳児の歯科検診の問診票が届いた(どうも歯科検診のみらしい。小児科健診は自分で行かないとダメかな)。
    同時に、以前私の親不知付近の歯茎が腫れた時にお世話になった歯医者からもお知らせが来た。
    虫歯予防デーの近くで、無料でフッ素を塗ってくれるというので、知らせてくれるようお願いしておいたの。
    日にちとかも特に書かれてないし、歯科検診は6月7日だからそれまでにあの歯石を何とかしないとと思って電話してみた。
    フッ素塗り、残念ながら歯科検診の後・・・。
    しかも当日は予約制ではないため、すごい人らしい。
    そんなんじゃ歯石取りなんて頼めないし、検診に間に合わないんじゃ意味がない(検診でお小言聞きたくない)。
    ってことで、今日の15時から予約を取って行ってきました。
    この間耳鼻科に行った時は、鼻水取ってもらう時に大泣きだったから、きっと今日も泣くだろうと覚悟して行ったんだけど、全く泣かなかった。
    しかも言われた通り、ちゃんと口開けるし。
    家では全然口開けないのにね。
    「機械ですると、音や水を嫌がって口を開けてくれない子が多いから、とりあえず手で取ってみよう」ってことで、お姉さんが機械を使わず取ってくれた。
    手で取れなかったら諦めないといけなかったから、取れて良かったよ〜。
    うがいはうまく出来ずに飲み込んでたけどね・・・。
    先生にまで「2歳でこんなに大人しく口開けられる子滅多におらんよ」と誉められる。
    でも家では開けないんですよ・・・。
    だから歯石がつくんですよ。
    先生のお話では、唾液の量や質によって歯石の付きやすさが変わってくるらしい。
    息子の場合、添い乳が一番の原因だと思われ。
    いい加減、乳やめんといけんかな。
    ついでにフッ素も塗ってもらったんだけど、嫌がることなく終了。
    あまりに良い子だったので、歯ブラシに加えくじ引きもさせてもらって、景品(ボールペンやメモ帳のセット)もいただいて帰る。
    これはもう少し大きくなってから出そうかな。
    とりあえず、虫歯とかの問題はなく(仕上げ磨きほとんどしてない割りには、ほかの歯は汚れてなかったらしい)、半年に1回くらいフッ素塗りに行けば良いみたい。
    「削る(虫歯の治療)のではなく、予防してあげる方向で進めましょう」って言われた。
    そうだね、予防が大事。
    私も来月あたり、クリーニングに行くか・・・。
    あと気になっていたのが噛み合わせで、これも訊いてみた。
    息子くらいだと、「いーってして」って言うと、わざと顎を出したり横にずらしたりする子が多いらしい。
    息子もいっつも左にずらしてんの。
    これが「いーってして」って言ったときだけなのか、普段もそうなってるのか現段階では判断が出来ず、マウスピースで治療する方法もあるんだけど2歳ではまだ無理だから、経過観察になった。
    Oさんも私も歯並びはそこまで悪くはないんだけど、どうかなぁ。
    今は癖みたいな感じでも、それが長年続くと良くないし、注意して見てないといけないってことか。
    息子、寝てるときは口開けてるか思いっきり閉じてるかだから、自然体で噛み合わせがどうなってるか見られないんだよね。
    今も試してみたけど、全然開かない・・・。
    我が家でも経過観察です。

    18日はパートナー支援で、Oさんとにょろふたりで支援センターへ。
    今回は外遊びだったんだけど、保育所の子も一緒で、砂場で遊んでたら女の子数人にバーって囲まれたらしい。
    にょろが人気だったのかOさんが人気だったのか分からないが、楽しかったようです。
    女の子はおしゃべりが好きだから「その日は誰が送り迎えしてるか教えてくれた」らしい。
    結構お父さんな子が多かったみたい。

    さ、にょろも寝たから夕飯作ろ。
    なんかすぐに起きそうな雰囲気だけど。






    0

      ハサミに挑戦!

      CA3G07240001.jpg
      今日は支援センターで工作(というほどレベルの高いものではない)。
      牛乳パックを使ってワンワンを作るというので、行ってきた。
      実は昨日、息子の鼻風邪が悪化して急遽耳鼻科に連れて行っていたので、そんな状態で連れて行って良いものか悩んだんだけど、ハナも垂れてないし(粘っこいので鼻の奥にとどまっている)、ダメそうなら帰ってこようと思って。
      そしたらば、息子より酷い風邪の子も来てた。
      鼻水ダラダラだったり、タンがからんでそうな咳してたり。
      みんな気にしないのかなぁ?
      ああいう場所で風邪が移るのは、仕方ないってことか?
      うちも風邪引きで連れてってるから、強くは言えませんが・・・。

      写真が完成したワンワン。
      首に紐が括ってあって(紐もにょろが選んだよ)、引っ張って連れて歩けるようになっている。
      私たちがしたのは、シール(カラーテープ)を切って貼っただけなんだけどね。
      にょろ、初めてのハサミ。
      家ではまだ危ないし子ども用のがないから、使わせたことなかったんだ。
      でも、よく見てるよね〜。
      使い方分かってるし。
      かなり危なげだったけど、左手を負傷することもなく、シールをチョキチョキ。
      目の位置だけ指定したけど、あとは息子が好きに貼っていった感じ(時々「こっちにも貼って」って言ってたけど)。
      ほかの親子は、お母さんの方が必死だった印象。
      子どもがよそのお母さんの邪魔してても知らんぷりな人も。
      子どもが小さかったらある程度は仕方がないのかもしれないけど、子どもをちゃんと見てるのは当たり前なことじゃないのかなぁ。
      私、頭カタい?

      ワンワンが出来たら、いつものようにセンターのおもちゃで遊ぶ。
      親子教室でも一緒の男の子(Yくん)がいて、一緒に遊べた。
      先生に「このおもちゃで遊ぶとみんな取り合いになるのに、静かに遊んどるね〜」って言われた。
      うん、静かだったよね。
      一応にょろはブツブツ言ってたけど、独り言だしね。
      にょろより小さい女の子が持ってた車が欲しかったみたいだから「貸してって言ってごらん」って言ったら、むっちゃ小さい声で「貸して」って言ってたけど、相手には聞こえてなかったみたい。
      相手はギャングのように、Yくんと息子から車を奪っていったけど。
      息子と同様、Yくんも支援センターにはまだ慣れてなくて、2人して呆然としてる感じ。
      Yくんと顔を合わせるのは3回目だからか、にょろもYくんには慣れてきたみたいだったよ。
      お片付けの時間になって、だいたい片付いた後Yくんのお母さんに「2人であっちで待ってて」って言われたら、ちゃんと手を繋いでたし。
      Yくんのが月齢が大きいから、しっかりにょろの面倒見てくれたみたい。

      最後は、みんなで先生が出してくれるパネルを使ったクイズ。
      最後の問題でにょろも呼んでもらって、ひとりで前に出てちゃんと出来てたよ。
      少しずつ、成長してるんだなぁ。
      習い事とかも、3歳になったら本気で考えよう。
      とりあえず、水泳とそろばん・・・。

      いつもは、みんなでバイバイしたらすんなり帰るんだけど、今日は帰りたがらなかった息子。
      どうも眠かったようだ。
      最近、また午前中に昼寝してたから。
      帰ってからは、かなりぐずぐずしながら昼寝。
      昼ご飯は15時・・・。
      耳鼻科の薬、飲ませられなかったなぁ。
      早く良くなって欲しいのに、うまくいかないや。
      今回は、シロップと粉が出てて。
      昨夜はシロップぐびぐび飲んでたのに、今朝は拒否。
      粉はヨーグルトに混ぜても大丈夫ってことだったから、普段は買わない味付きヨーグルトに混ぜて。
      こちらは完食。
      一応、薬用のゼリーも買ってたけど、これは拒否した。
      作り物の味(イチゴ)がダメなのかも。
      夜はちゃんと飲んでくれるかな〜?

      18日は、パートナー支援だよ。
      晴れたら園庭で遊べるみたいだけど、天気予報は雨。
      晴れなくても良いから、雨が降りませんように。

      そうそう、トイレトレーニングはちっともうまくいきません。
      昨日と今日は一休み。
      明日からまた再開させるかな。
      パンツ濡れてもなかなか教えてくれないから、何か疲れちゃって。
      焦らず進めよう。

      さっき見たら、府中市の子育て支援サイトに今日の写真が載ってた〜。
      微妙に写ってる。
      変な顔して。




      0

        親子教室1回目とパンツマンへの道。

        5月8日のことになりますが。
        先日申し込んだ、支援センターが行っている親子教室がありました。
        毎回同じメンバーで集まって、外で遊んだりクッキングをしたりするっていう。
        にょろと私、ふたりで支援センターのような空間に慣れるため、絶対に行かなくてはいけない日を作ったというわけなんだけれど。
        小さい子は6カ月、大きい子は3歳(息子と同学年)。
        今年3歳になる子は息子入れて7人もいて、息子にはちょうど良かったかなと思う。
        小さい子ばっかりでも、ちょっと難しいし。
        1回目は、身体測定と親子の手形、自己紹介と園庭で外遊びでした。
        2月に保健センターで測ってもらったときより、身長も伸びてたし体重も少しだけ増えてた。
        高熱出した時にも食欲は落ちてなかったから大丈夫とは思ってたけど、増えてたから安心した。
        外遊びは、遊具も使って良かったんだけど、例のごとくほかの子がいると遊べない。
        ずーっと砂場で遊んでいました。
        砂場がきれいな公園がないから、それはそれで良いけれど、せっかくだから滑り台とかで遊べば良いのに。
        慣れるまで、時間がかかりそう。
        私は私で、例のごとくトイレの心配ばかりしていたよ。
        どのタイミングでトイレ行こうかな、みたいな。
        園庭から戻って、藍の種(親子教室の最後の方で藍染をするらしい)を植えた後、ささっとトイレに行っておいた。
        午前中は特にトイレが近いから、1時間半が限界だわ。
        冬になったらどうなるのかね・・・。
        その頃には息子もオムツが外れてて、息子が行くタイミングで行けるかしら。
        そんなこんなで、1回目が終わり。
        来月も外遊びだそうです。
        ついでに、府中市の窯元が来てくれる陶芸のイベントにも申し込んでみた。
        ひび割れたりすることも多いらしいから、ちゃんとした物が出来る確率は低いんだけど、面白そうだし。
        今週末は、パートナー支援でOさんとにょろで参加してもらう予定。


        今日から、トイレトレーニング始めました。
        なかなか難しいね。
        1枚目の時は、床が濡れるくらいだったから教えてくれたけど、2枚目の時は少量だったからか教えてくれず。
        抱っこしたときにお尻が濡れてて気付いた。
        3枚目の時は1回トイレに行けて、次は濡れたから教えてくれた。
        今4枚目をはいているんだけど、6枚しかトレパン買ってないから、さっき洗濯したよ。
        今日は天気が良いから乾いてくれそう。
        出来れば買い足したくないんだよね。
        どれくらい使うものか分からないし。
        トレパン自体、買わずに済むなら買いたくなかったくらいだもん。
        梅雨に入る前に完璧になったら嬉しいけど、それは難しいのかな、やっぱり・・・。
        今トレパンのまま寝ちゃったんだけど、寝てる間にオシッコしませんように。


        土日は広島に帰っていました。
        GWに帰れなかったし、母の日だったから。
        来年になったら、私も母の日に何かしてもらえるようになるんだろうか。
        Oさんからしてもらうのは微妙だけど。
        昨日の夜は、疲れてて夕飯後ぶっ倒れてたら、Oさんが洗い物も全部してくれた。
        これって、母の日だったからなのかな?
        何しても、感謝です。






        0

          義両親がやってくる。

          GW、帰らないことにしたので(前回前々回の記事参照)、義両親に遊びに来てもらうことにしました。
          一応、週末は母の日があるので帰省する予定にしていたけど、もしまた帰れなくなったりしたときのために。
          11時頃こちらに到着予定ということだったので、お昼をどうしようかなと思っていたんだけど、私、そんなに料理が得意なわけじゃないんです(結婚するまで料理なんてしたことなかったからね)。
          一応『まごわやさしい』になるように日々の献立を考えていたり、お弁当にも最低4品のおかず&4種類の野菜が入るように作っているけれど、だからって誰もがおいしいと感じる料理が作れるわけでもなければ、自信を持って「どうぞ」と出せるものが作れるわけでもない。
          失敗したくないなーという気持ちから、炊き込みご飯だけ作って、あとはオードブルでも買ってくることにした。
          ちょうどこどもの日で、スーパーではオードブル売ってるの知ってたし。
          「何にもしない」と思われるかなとも思ったけど、一応炊き込みご飯は準備してるし、何より「こんなものを毎日息子と孫は食べさせられてんのか」と思われるよりはマシ(そこまでひどくはないよ、たぶん。自信ないけど)、と思ったから。
          で、朝大急ぎでスーパーに買い物に行って、オードブルをゲットしてきた。
          Oさんと「何か茶色いよね・・・」と言いながら。
          けど量も値段も手ごろなのってこれくらいしかなくって。
          もっとほかの惣菜とかも見てみたら良かったんだけど、11時とは聞いていても早く来るかもしれなかったから、大急ぎで帰らねばならず(朝バタバタしていて家を出るのが遅くなったせい)、オードブルと今週の料理に使う食材を買って帰った。

          10時45分頃、義両親到着。
          良かった、もうちょっとのんびりしてたら先に義両親が家に着くところだった・・・。
          炊き込みご飯は11時半頃炊き上がる予定でセットしていたので、しばし歓談。
          にょろも最初は戸惑ってたけど(正月以来だったから)、すぐに慣れて楽しそうに遊んでいた。
          そして炊き込みご飯も炊けたところで昼食。
          オードブルを出す。
          ・・・せめて皿に並べ替えれば良かったかな(汗)。
          でもうち、こういう時に使うのにちょうど良い皿って持ってないんだよな・・・。
          私たちが結婚した時に萌ちゃんからもらったお皿(器?)があるんだけど、それには盛りきらない感じだったし、盛る自信もなかった。
          テーブルもそんなに大きくないし、やっぱりベストはきれいに詰め込んであるお店のそのまま出すことだったかもしれない(いややっぱり並べ替えた方が・・・)。
          食べてみると、想像通り味は濃いし肉料理ばっかりだし、胃にやさしくなかった、非常にやさしくなかった。
          炊き込みご飯はそこまで濃い味ではなかったけど、白いご飯の方が良かったかもしれないとすら思った。
          息子は、炊き込みご飯ばっかり食べてたよ(それを考えると、炊き込みにして正解だったんだけど)。
          ちょっとどころではなく失敗したと思った。
          こんなことなら、寿司とか買ってきた方が良かった。
          むしろ、料理がヘタクソでも自分で作った方がマシだった・・・。
          自分の料理に対する評価を恐れて作らなかったわけだけれど、本当に今回のは失敗。
          今度から、どんなに大変でも評価が怖くても、自分で作ることに決めた。
          グラタンとかカボチャのサラダとかいろいろ。
          よく考えたら「何にもしない」よりも「この程度しか出来んのか」って思われる方が、ずっと良いような気がする。
          次はいつ来てもらうことになるか分からないけど、頑張って作る。
          前の日から準備する。
          大変でも頑張る。
          そして、本気で料理上手になりたいと思った1日。
          また別の料理本買ってみようかな。
          料理本を買うと、料理の腕が上がるわけではないのだけれど、何か料理が出来るようになった気持ちになるんだよ(ダメじゃん)。

          昨日、虎屋で買ってきたどらやき(虎ちゃん)と、義両親のお土産のイチゴを食べてお腹満腹。
          正直食べ過ぎ(残したくないと思って、オードブル頑張って食べた。残ったけど)。
          どらやきは、お土産に持って帰ってもらいました。
          イチゴもおいしかったし、どらやきもおいしかったし、デザートには大満足!
          問題はやっぱりご飯。
          結局はそこ・・・。



          息子が痙攣を起こしてから、1週間が経ちました。
          あっという間だったような。
          でも、Oさんがいない平日は怖かったな。
          Oさんが比較的早く帰ってきてくれていたので、良かったけれど。
          にょろは完全復活して、走り回ってるし大声で笑ってるし、痙攣起こす前より活発になった気さえする。
          8日は、初の親子教室。
          頑張ります。










          0

            熱性痙攣(2)。

            28日。
            6時半、Oさんがぶっ倒れる(眠くて)。
            息子、痙攣を起こすことなく朝。
            熱は下がってないけど、前日ほどではない。
            ご飯も食べる。
            薬は嫌がるけど、無理矢理飲ませた。
            私たちも、風呂とご飯を交代で済ませる。
            息子の体温、37度7分。
            常時、わきの下に保冷剤。
            授乳の時は、首筋にも保冷剤。

            熱の経緯は・・・
            7時30分 37度7分
            9時30分 37度1分
            12時50分 37度5分
            15時25分 38度3分
            17時35分 38度4分
            19時20分 38度4分
            (14時前に下痢)

            だんだん元気になってきたみたい。
            遊んだり大声出したりし始めた(でも目が据わってる)。
            昼寝後も38度を超えることはなかったけど、やっぱり夕方が近付くと熱が上がる。
            17時35分が、最初の痙攣が起きて24時間。
            この時間がとても怖かった。
            何事もなく過ぎたけど。
            24時間が経って、一応再び痙攣が起こりやすいという時間は乗り越えたことに。
            少しだけ安心した。
            そして息子、この日は寝るまでに1時間半くらい、ずーっと布団の中でしゃべりまくっていた・・・。
            一方私は疲れがピークで(途中で私ひとり買い物に行ったり家事したり、結局ひとり動き回ってたから)、ちょっとイライラしていた(最悪だ)。
            24時間が過ぎたことと、息子の熱が38度5分を超えなかったことで、少しだけゆっくり眠ることが出来た。


            29日。
            何事もなく朝。
            熱も少し落ち着いたみたい。
            相変わらず薬は飲みたがらないから、無理矢理飲ませるわけだけど。
            良いか悪いか分からないが、薬の後でゼリーを食べさせることで、何とか飲ませる。

            熱の経緯は・・・
            8時00分 36度9分
            10時00分 37度5分
            13時00分 37度5分
            15時40分 37度6分
            19時00分 36度9分
            21時30分 37度2分
            (21時10分 下痢)

            夕方からも熱が上がらず、発熱のピークは過ぎたようだ。
            昼寝中、何か顔に赤いブツブツ出来てるなぁと思ったら、体にも出ていた。
            突発性発疹っぽい。
            本を見てみたら、下痢になることもあるし、熱性痙攣を起こすこともあるって書いてあった。
            やっと汗もかくようになったみたい。
            時々、息子がぼんやりしながら手を硬直させていることがあって、ちょっとビクっとする。
            Oさんは気にならないらしいから、私の気にしすぎかもしれない。

            数日ぶりに、息子もお風呂。
            最後は風呂上がりに計ったから、少し体温高めだったのかも。
            お風呂に入って、息子もすっきりした様子。
            風呂から上がってトイレが済んだら、すぐに寝た。


            30日。
            Oさん出勤。
            私の両親が来てくれることになっていたが、それまで私ひとり。
            何かあったら怖い。
            そして、Oさんが出勤した途端に、ぐずる息子・・・。
            見せたくないなぁと思いつつも、しまじろうのDVD見てると機嫌が良いので、じぃじとばぁばが来るまで見せる。

            8時のオムツ替えの時、下痢してるのが分かる。
            もしかしたら、寝てるときにしたのかも。
            8時30分の体温は、37度。
            8時50分に下痢。
            寝転がっておならしたなと思ったら、動かずに変な顔してるから見てみたら案の定。
            新生児くらいの緩さ。

            10時15分、病院に行く前の体温は36度6分。
            平熱。
            病院に着くと、すっごい人。
            連休明けだから多いとは思ったけど、まさかここまでとは・・・。
            前日の夜に電話予約をしていたけど、これって単なる人数把握のためだけのものだったらしく、結局は行った順(最優先は前日の診療時間終了後に張り出される予約表らしい)。
            「1時間は待っていただくようになると思います」と言われ、ばぁばには帰ってもらうことに(じぃじは車で待機していたので、じぃじも一緒に)。
            すると5分も経たないうちに、にょろがぐずりだす。
            最初は「ちゅっちゅする」って泣いてたんだけど、させてもらえないと分かると「ばぁば〜!」って叫びながら大泣き。
            母ちゃんの立場は・・・。
            仕方がないので病院の外に出てじぃじに電話すると、近くの味噌屋さんでソフトクリーム食べてた。
            しばらく待ってると来てくれて、受付の人にいったん帰ると伝えて家へ。
            一休みしてから、病院へ。
            少し人が減っていた。
            すぐに診察室前の待合いに呼ばれる。
            先生に、27日の血液検査と28日からつけてる発熱と下痢の記録を渡す。
            しっかり聴診器で心音を聞いてもらった。
            「突発性発疹型のウイルス性胃腸炎」との診断。
            27日に診てもらった時には喉も少し赤かったらしいし、突発性発疹だけではなかったみたい。
            救急病院で看護師さんから受けた説明と同じく、熱性痙攣を起こした子どもの半数は2回目が、2回目があった子どもの半数に3回目があるそう。
            念のためと、痙攣止めの坐薬を3回分いただいた。
            「次起きたときには坐薬を入れたら大丈夫です」って言われたけど、勝手な判断で使って良いのか、そっちのが不安。
            Oさんと相談して、勝手に使うのはやめて、とりあえず救急に電話して指示を仰ごうということになった。
            そして気になっていた、時々にょろが見せる手の硬直について訊いてみたら、「これくらいの子どもの場合、部分的に痙攣が起こることは稀だから、心配することはないでしょう」と言われた。
            確かに、熱が完全に下がってからはしなくなったから、問題はなさそう。
            で、薬の詳細を教えてもらえないかと言ってみたら、「救急にかかられた時に、(前回出した薬が)何か分からなくて困ったんですね」とあっさり承諾。
            まぁ、今の時代、薬の詳細を教えない病院なんてないと思うけど(訊かないと教えてもらえないのもどうかと思うが)、イヤな顔されるかなと思っていたので一安心。
            待合いで待ってたばぁばに息子を託し、私は呼ばれるまで待つ。
            私たちが診察室に入っている間に、恐ろしいほど人が増えていた。
            午前の受付は12時半までだけど、軽く14時は回りそうな人数。
            午後の診察が遅い時間からのスタートなのが、理解できた。

            今回出されたのは、痙攣止めの坐薬3回分と、風邪薬+お腹の薬(どっちがどっちか分からないけど、シロップと粉)3日分。
            「お薬手帳ありがとうございます」ってお姉さんに渡されたけど、お薬手帳はすでに持っていた・・・。
            渡す前に確認してくれればいいのに。
            しかも今回のしか書いてないし(手書き)。
            仕方がないので、元々持ってた方に貼ってあった、耳鼻科でもらった薬の詳細は貼り替えることにして、前回もらった分はもう飲ませることもないので諦めた。
            先生は良いけど、薬と混み具合や距離のことを考えると、予防接種でお世話になってる病院に行った方が良い気もする。
            そこは院外処方だから、時間外でも薬については尋ねられるし。
            ただ、子どもを診てる数で言ったら今回行った病院なんだ。
            けど、行くだけで病気移されそうな感じもするし、微妙なところ。
            ちょっとの風邪なら近場で済ませるようにしようかな・・・。

            薬は、前回ほど飲みにくくないはずだけど(においは乳酸菌飲料っぽい)、断固拒否。
            飲ませるのが大変。
            日中ひとりだから、どうしようかな。


            5月1日。
            熱は完全に下がる。
            さっき計ったら、36度7分。
            平熱の範囲内(だいたい36度5分〜8分くらい)。
            まだ下痢もしてないし、毎回口からこぼしてるけど、薬の効果が出てきてるかも。
            発疹が出ている間は機嫌が悪くなることもあるって本に書いてあったけど、一度機嫌が悪くなったらなかなか泣きやまないし大変。
            早く完治して欲しい。
            今日の夜まで下痢をするようであれば、明日もう一度診察を受けに行かなくてはいけない。
            その場合は、今晩Oさんに病院の前に貼り出されてる予約表に記入に行ってもらうつもり。

            本当にいろんな意味で疲れた数日間。
            熱に関しての認識の甘さが、息子を苦しめてしまった。
            反省。
            もう二度とこんなことが起こらないようにしないと。
            色々勉強にはなったけど、こんな大変な事態になってから勉強したのでは遅い。
            なってみないと分からないことがたくさんあるとはいえ、避けたい事態だった。

            今回学んだことのひとつ。
            高熱で授乳しても汗ひとつかかないときは、かなりヤバい。
            発疹が出始めて、ようやく寝汗をかいたりするようにもなったけど、高熱が出てる間は汗かかなかったんだ。
            汗をかかないってことは、熱の逃げ場がないってことだから、体は熱くなる一方。
            後になって友達の先輩ママさんから聞いた話では、ちゃんと解熱剤を飲めるようになるのはもう少し大きくなってからで、今の年齢では無理だろうということ。
            もし解熱剤を処方してもらうとしたら、迷わず坐薬を選ぶこと。
            あの時坐薬を選んでいたら、わきの下用の保冷剤を買い忘れなかったら・・・考えても仕方がないことだけど、今回は本当に選択ミス、間違いの連続だった。
            今回は大事にはならなかったけど、親が間違うと子どもが命を落とすこともある。
            それがよく分かった。

            痙攣から数日。
            未だに17時35分が来ると怖くなる。
            特に、授乳してると恐怖が蘇るよ。
            しばらくは、数時間おきに検温しようと思う。

            それから、熱性痙攣を起こすと、4カ月くらいは予防接種が出来ないそうです。
            にょろは9月にポリオの追加接種があるから、それを10月に入って受けるようにしようと思う。
            ポリオ、インフルエンザ(2回)、水ぼうそう、おたふく風邪って感じかな。
            保育所なり幼稚園なりに行く前に終わってたら、万々歳です。






            0


              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << August 2017 >>

              にょろの成長曲線

              ブログパーツでエコ

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • 怒涛の1週間(その1)。
                美和
              • 怒涛の1週間(その1)。
                まりむ
              • サンサンと輝く1年に。
                美和
              • サンサンと輝く1年に。
                まりむ
              • 鬱々と・・・。
                美和
              • 鬱々と・・・。
                美和
              • 鬱々と・・・。
                まりむ
              • 私の○○。
                美和
              • 私の○○。
                まりむ
              • 私の○○。
                美和

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              みんなのブログポータル JUGEM

              使用素材のHP

              Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

              PR