スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    鬱々と・・・。

    最近、気分の晴れない日が続いています。
    何となく、原因は分かっているんだけど、それを口に出すべきか迷っている。
    他の人にはどうということもないことなんだろうけれど、今の私には大事なことで。
    正直、このままだとうつ病が再発するんじゃないかなぁと思ったりもする。
    もしかしたら、すでにしているのかも。
    そうなったら、にょろとふたりで長期で広島に帰ろうと思う。
    案外、それも良いかもしれない。
    でもやっぱり何か気持ち悪いから、ちょっとここに書いておこうと思う。

    今日は、Oさんとにょろがふたりで公園へ遊びに行きました。
    私は誘われなかった(にょろから)。
    私が鬱々としているのを、にょろもちゃんと気付いていて、今日は父ちゃんと行った方が良いなってことを、分かっているんだと思う。
    久しぶりに本当にひとりになって、何をするかと言えば、結局パソコンを立ち上げてメールのチェックをしたり(というよりも、たくさん届いているメルマガの削除が中心)、ブログを更新したり。
    結局はこういうことしかしてない。
    ひとりになったって、やりたいことなんて何もないんだ、今の私には。
    やるべきことは山のようにあり、でもそれは今はやりたくない。
    今終わらせておけば後で自分が楽になると分かっていても、やる気力がない。
    どうしてもやらないといけなくなったときには、仕方がないからする。
    何か最近、そういうことばっかりになった。
    いろんなことが後回し。
    疲れてんだろうな、やっぱり・・・。

    月末、やはりOさんは実家に帰るつもりらしい。
    私は帰りたくない。
    直接Oさんにそう言ったわけではないけど、Oさんは私が帰りたくないことに気付いている。
    でも「帰る」という。
    「正月に墓参りにも行ってないし」って。
    確かに墓参りには行ってない。
    今年の正月には、Oさんの方の行事を欠席させてもらって、施設に入っているうちのばあちゃんに会うことにしてたから(結局会えなかったけど)。
    墓参りには行ってないけど、それを言ったら、うちの墓参りなんてずっと行ってないじゃないか。
    うちのお墓は山口にあるから、なかなか行けないのは分かってるし、両親だってそう頻繁に行ってるわけじゃないから、無理してまで行く必要もないし。
    けど、何か取ってつけたような感じがして、すごく嫌だった。
    「墓参りに行きたい」って言われたら、私は断れないもん。
    そして一番嫌なのは、結局は私の気持ちよりも、親に息子を会わせたいってことの方が優先なんだなってことだ。
    所詮私は他人だから仕方がないけど、すごくすごくやるせない感じ。
    先月から、Oさんは仕事が忙しくて帰りが遅いし、私もにょろとふたりの時間が長い上に、日中は公園へ連れて行ったり(今精神状態が本当に良くないから、公園へ行くだけでかなり精神力を消費する)、夕方は息子がぐずぐずするのを一生懸命機嫌とって、その間に夕飯作ったりして(そして予定してる時間よりもかなり遅くなってイライラする → 息子を責める → 落ち込む)、本当に心身ともにへとへとになる日々が続いていて、ゆっくり話す時間すらないのに、私やにょろとの時間を作るよりも、親との時間を作ることの方が大事なんだなって思ったら、何かものすごく広島に帰るのが嫌になった。
    せめて「美和の実家に泊まるようにしよう」って言ってくれたら、少しは「私が疲れてるのを分かってくれてるんだな」って思えたかもしれないけど、何回確認しても「自分の実家に泊まる」って言うし。
    それを昨日の夕方確認したら、本当に笑えなくなった。
    この人、本気で自分の親ににょろを会わせることしか考えてないんだって。
    今度の土曜日、Oさんはゴルフでいないから、うちの親に来てもらってそのまま広島に連れて帰ってもらおうかとも思ったけど、そうしたら二度と府中には戻れない気がするから、それも出来ない。
    Oさんはきっと、私がどう思っているかなんて、これっぽっちも分かってないんだろう。
    私だって、Oさんの「息子を親に会わせたい」って気持ちはよく分かるし、義両親に会わせてあげたいとも思うよ。
    会わせたくないわけじゃないもん。
    でも・・・。

    あー、ふたりが帰ってきた。
    さ、おやつにするか。
    最近まったく作れてないけど、蒸しパン作ったりパンケーキ焼いたりするのも、結構良い気分転換になってたんだなーっていうのに気付いた今日この頃。







    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 15:13
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        美和さんこんばんは。
        日記かいて少し毒はおちましたか?
        わたしでよかったら、たくさん美和さんのお話を聞いてあげたいって思ったりします…。

        うちの旦那は実家に全然帰りたがらないので、行事があるときしか義実家には行ってないのですが普通はもっと帰りたがるんですかね。
        いくら仲がよくても義実家は疲れますよね。それに加えて、思うところがあったりしたら色々張り詰めちゃってきついですね。
        わたしが相当疲れてるとき同じような状況になったら「あなたにとって家族はどっち?」と思っちゃいそうです(>_<)

        実は旦那側の両親は離婚されてて、先日義母が再婚したのですが再婚を機に広島に引っ越したのです。
        遊びに来てねと言われているので、途中で美和さんに会える!?とか考えちゃいます。
        ちなみに、前美和さんのつぶやきを見て思ったのですがわたしも義母に子供を任せるのは無理ですw
        これなら食べれるんじゃ?と言われたのが生クリームとか生の人参なので…
        なんであんなに食べさせたがるのか不思議です(^^;
        • まりむ
        • 2013/03/17 10:31 PM
        まりむさん、おはようございます。
        コメントありがとうございます☆
        昨夜レスしようと思ってたのに、途中で寝てしまいました。

        普通は、どうなんでしょうね。
        夫は実家に帰りたがるものなのかな・・・。
        うちは息子が生まれてしばらくは、こまめに帰るようにしていたので、2カ月も帰ってないと「帰らないと」と思うのかもしれません。
        今朝少し話しましたが、Oさんは広島に帰ればそれだけで私がリフレッシュ出来るものだと思っていたようです。
        義実家へ行ってリフレッシュ出来る嫁なんて、そうそういないと思うんだけど。
        やっぱり鈍感なんですよね。
        そして「墓参りも行かなくて良いし、美和の実家に帰っても良いんだよ」とも言っていましたが、「今回広島に帰るのはやめよう」とは言いませんでした。
        どうしても、広島に帰りたいようです。
        私の気持ちは、全然伝わってないみたい。

        毒を吐いて毒が落ちたというよりも、何か自分がものすごく寂しいんだなというのを再確認した感じです。
        今の時点で、私が愚痴を言ったり相談出来たり、どうでも良いことで笑ったり、気を遣わないで、尚且つ空間を共有しながら話せる相手はOさんしかいないので、精神的に依存しすぎなのかなと思わないでもないですが、地元から離れているので、そこはどうしようもない。
        今、話せる時間があまり取れないことと、息子のグズグズなんかが同時に来て、私にまったく余裕がなくなっているから、ちょっとしたことでもものすごく精神的な負担になっているんだろうとも思います。
        Oさんも仕事が忙しくて疲れているのに、その上で私のケアまでしろというのは、酷な気もしますが・・・。
        それに私も、「どうせ分かってもらえない」って意固地になっていて、きちんとOさんと向き合えてない部分もあるので、スッキリするには時間がかかりそうです。

        広島に行かれることがあったら、ぜひ声かけてください!
        府中に寄ると大幅な寄り道になっちゃうから、その時は福山まで出ますよ〜。
        いつか実現したらいいですね。

        まりむさんが、話を聞くって言ってくださって、とても嬉しかったです☆
        もしかしたら、長々とmixiでメッセを送るかもしれませんが、その時はどうぞよろしくお願いします。





        • 美和
        • 2013/03/18 9:14 AM
        続きです。
        携帯からだと、コメントにも字数制限があるんですね・・・。

        食べ物って、手っ取り早いんだと思います。
        洋服やおもちゃのように特別に見に行かなくても買えるものだし、その場で与えられる最も簡単なものなのではないでしょうか。
        「何かしてやりたい」って気持ちの表れなんだろうとは思うけれど、親としては気が気でないですよね。
        今は昔とは離乳食とかの基準も違ってて、私たちの親世代の知識が今は使えなかったりしますし。
        まだミルクと併用していた頃、義実家に帰っていて私が風呂に入っている間、にょろが大泣きしたことがありましたが、私が風呂から上がると、Oさんは泣き喚くにょろを抱いて白湯の入ったほ乳瓶を握りしめていました。
        「どうして飲ませたこともない白湯を飲ませてるの? いつもミルクじゃん」と言ったら、義母から「こういう時は白湯だ」と言われたのだそうです。
        Oさんは「経験者に言われたら逆らえない」とか言っていたけど、私は義母に時代が変わったことを理解してもらうことと、Oさんがパニックになってもいつも通りにしてもらうことは、本当に難しいんだと実感しました。
        Oさんは、にょろが大きくなれば扱いやすくもなるし慣れてもくるから大丈夫だけど、義母は本当に手強いので。
        1歳になった時には「もう何でも食べられるんでしょ」って言われましたし。
        食事はもうさすがに別には出来ないけど、次はお菓子ですね。
        チョコとかポテチとか、バンバン出されなきゃ良いけど。
        今朝もテレビでやってましたが、やんわりと断るためには、育児本などをさっと手渡すと良いんだそうです。
        まぁ、難しいですけどね(私なんて、2歳までに食べられる物が書いてある本を渡しましたが、「ふーん」ってチラ見されただけでしたから)。

        まりむさんのご主人は、泊まりで家を空けられることも多いのでしょう?
        しかも地元を離れていらっしゃる。
        なのに、mixiのつぶやきや写真が明るいので、すごいなって思ってます。
        うちは男の子のせいもあるかもしれないし、私が元々子ども好きではないからかもしれないけど、もうホントいっぱいいっぱいになることが多く・・・。
        まりむさんみたいに、明るいお母さんになりたいです(というより、ならねばいけませんね)。



        • 美和
        • 2013/03/18 10:24 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        にょろの成長曲線

        ブログパーツでエコ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 怒涛の1週間(その1)。
          美和
        • 怒涛の1週間(その1)。
          まりむ
        • サンサンと輝く1年に。
          美和
        • サンサンと輝く1年に。
          まりむ
        • 鬱々と・・・。
          美和
        • 鬱々と・・・。
          美和
        • 鬱々と・・・。
          まりむ
        • 私の○○。
          美和
        • 私の○○。
          まりむ
        • 私の○○。
          美和

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR